ここに来れば仲間が見つかる!桑名駅から徒歩3分。大広間18席。個室2室あります。

第10回桑名七盤勝負世界大会Lエントリーサイト

  • HOME »
  • 第10回桑名七盤勝負世界大会Lエントリーサイト

TOPICS

6/15 第10回桑名七盤勝負世界大会のエントリーページを公開しました
6/17 第10回桑名七盤勝負世界大会へのエントリーを開始しました
6/17 本ページ下部に「桑名七盤勝負代表よりみなさまへ」を掲載しました
6/24 正式名称を「第10回桑名七盤勝負世界大会L」に変更いたしました

第10回桑名七盤勝負世界大会(1日目)概要

【8月31日(土)】
名称     第10回桑名七盤勝負世界大会(桑名七盤勝負を用いたスイス式大会をメイン大会として実施)
会場     柿安シティホール(〒511-0068 三重県桑名市中央町3丁目20)桑名駅から徒歩11分
時間     9時00分開場(受付10時00分まで)~21時閉場予定
定員     最大32名まで(先着順予約制・定員に満たない場合は当日参加が可能)
競技     連珠・どうぶつしょうぎ・オセロ・チェス・9路盤囲碁・将棋・バックギャモンなどの七種目同時対局(持ち時間45分/切れ負け)
参加費    別表を参照
備考     メイントーナメントの成績優秀者に賞状を、また1回戦から参加された選手全員に参加認定証をお渡しします
備考     本大会で行われた対局は公式戦とし、桑名七盤勝負世界ランキングに反映いたします

(レギュレーション)
・全5回戦のスイス方式をベースとした大会(対局勝利数を参照して各回戦ごとに対戦相手が決まります。敗北しても継続して大会参加ができます)
・連珠・どうぶつしょうぎ・オセロ・チェス・9路盤囲碁・将棋・バックギャモンなどの七種目同時対局(持ち時間45分/切れ負け)
・4回戦、5回戦は任意参加となります(例 4回戦を休んで、5回戦エントリー:ひとつ前の対戦終了時に運営にお知らせください)
・4回戦、5回戦は一般参加者もエントリー可能です(入場料以外に別途料金をお支払いいただきます)
・全5回戦終了時の対局勝利数により順位を決定します
・4回戦及び5回戦は双方同意の上であれば上記7種目以外の種目の追加または差し替えが可能です(例:ツイクスト、ドラフツなど)

第10回桑名七盤勝負世界大会(2日目)概要

【9月1日(日)】
名称     第10回桑名七盤勝負世界大会 後夜祭(二盤を用いたスイス式大会をメイン大会として実施)
会場     柿安シティホール(〒511-0068 三重県桑名市中央町3丁目20)桑名駅から徒歩11分
時間     9時00分開場(受付10時00分まで)~21時閉場予定
定員     32名(最大40名・先着順予約制・定員に満たない場合には当日参加が可能)
競技     連珠・どうぶつしょうぎ・オセロ・チェス・9路盤囲碁・将棋・バックギャモンなど
参加費    別表を参照
備考     メイントーナメントの成績優秀者に賞状を、また1回戦から参加された選手全員に参加認定証をお渡しします
備考     本大会で行われた対局は公式戦とし、桑名七盤勝負世界ランキング(二盤勝負)に反映いたします

(レギュレーション)
本戦はスイス方式をベースに全7回戦行います(ポイントを参照して各回戦ごとに対戦相手が決まります。敗北しても継続して大会参加ができます)
選択可能な競技は連珠・どうぶつしょうぎ・オセロ・チェス・9路盤囲碁・将棋・バックギャモンとなります
4回戦以降は任意参加となります(例 5回戦エントリー、6回戦を休んで、7回戦エントリー:ひとつ前の対戦終了時に運営にお知らせください)
4回戦以降は一般参加者もエントリーが可能です(入場料以外に別途料金をお支払いいただきます)
4回戦以降は双方同意の上であれば上記7種目以外の種目の選択が可能です(例:ツイクスト、ドラフツなど)

対戦相手が決まったら対局種目を1種目選びます(その際同種目になっても構いません)
手番は種目選択をした選手が決めることが可能です
持ち時間は20分間で切れ負けとなります
引き分けは引き分けとしてカウントしてください(再戦はありません)
回戦ごとにポイントが付与され、そのポイントによって順位が決定します(同点の場合は勝ち盤面が多い選手を上位とします。以下引き分け盤面数、総選択種目数の順に参照します)

ポイントは以下の通りです
・(1試合ごと付与)1盤面勝利につき5点/敗北2点/引き分け3点
・(1試合ごと付与)残り対局時間が多い 1点
・(1試合ごと付与)自身の選択種目の手番を相手に委ねる 2点(バックギャモンは選択の時点で2点)
・(大会終了時に付与)参加回戦数×2点
・(大会終了時に付与)選択種目数につき 2種類3点/3種類5点/4種類8点/5種類12点/6種類18点/7種類25点

※上記ポイントに関しては大会までに一部変更修正する場合がございます

参加料金まとめ

エントリーフォーム

エントリー後のキャンセルは別途運営までご連絡をお願いします(oshamaiori@kuwanaiori.info まで)。
大変恐れ入りますがメイン大会エントリーをされた方は、トーナメント表決定後の出場キャンセルにつきましてキャンセル料をお支払いいただく場合がございます。予めご了承くださいませ。

8月31日スケジュール

9月1日スケジュール

桑名七盤勝負代表よりみなさまへ

おかげさまで桑名七盤勝負は2017年2月の第1回大会開催から7年目を迎えることとなりました。
途中コロナ禍という未曽有の事態もございましたが、それでも続けることができていることに感謝を申し上げます。
特に公式スポンサー様や選手各位の熱意、行動力に支えられてきたことに改めて御礼を申し上げる次第です。

さて、前回第9回桑名七盤勝負世界大会から約4カ月という短い期間で今回第10回の開催を計画しました。
その理由についてとまた今回2日目に二盤勝負をメイン大会とする理由につきましてを、この場を借りてお伝えさせていただこうと思います。
加えて世界ランキングに関して変更を加える予定ですので、その内容と意図を最後にお伝えいたします。
長文となりますがご一読いただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

【第10回を8月(9月)に開催する理由】
桑名七盤勝負世界大会は、コロナ禍以前には2月8月の定期開催を行って参りました。
半年に一度の桑名で行う大型イベントとして準備期間を設けるなど、他のイベント(出張含む)との兼ね合いから2月と8月は大変計画が立てやすく、また参加者のみなさまからも一様に都合が悪くないというご意見をいただいておりました。
よって可能であれば2月または8月に開催したいという思いがございます。(これまでのように半年に一度は開催できないかもしれません)
しかし前回第9回は一度2024年2月に計画をしたものの、公私ともに慌ただしく準備期間が取れないと判断したため2024年4月に延期いたしました。
この慌ただしさの理由としては今も続くテナント貸主との揉め事が挙げられます。この場所にいつまで居られるか分からないという不安の中、第一報としては延期でなく中止とアナウンスをしたのですが、
その後幾分落ち着きを取り戻すことができたため2月から4月への延期を発表し、準備を経て大会を開催することが叶いました。その節は大変ご迷惑をおかけしました。
以上が2月と8月に開催をしたい理由と、前回第9回がその2月に開催できなかった事情となります。
蛇足ではありますがこの2024年8月(9月)は第1回世界大会から数えておよそ7年7カ月目となることをお知らせします。
大変期間が短い大会開催ではございますが、みなさまのご参加を心からお待ちしております。

【二盤勝負を2日目のメイン大会にする理由】
桑名七盤勝負の特徴を端的に答えるならば、7種目の競技がずらっと並びそれを同時に対局するという対局方法(光景)の斬新さではないでしょうか。
また45分間という持ち時間について聞かされた際には、過酷そうな印象や驚きの感情を抱かれる方も多いことでしょう。
7つの競技にはそれぞれルールがあり、それぞれ戦略など日々研究されているほど奥深いものばかりです。
驚いていただくことは決してネガティブなことではありませんし、そこから興味をもっていただく方も事実大勢お見えになりました。
「桑名七盤勝負をするために7つの競技を覚えました」そう言って桑名七盤勝負に初めて挑戦する方もお見えになったほどです。
このような方がこれから先もたくさん現れてくれるわけはないのだろうと思いながらも、それでも目の前で真剣に同時対局をされる選手を見られることが幸せでした。
桑名七盤勝負が始まり7年が過ぎ、さまざまな活動を通じて多くの方々にお会いすることができました。
桑名七盤勝負への認知度は開始当初に比べて大きく上昇したと思います。すべて関わってくださったみなさまや、参加選手のおかげであることは言うまでもありません。
事ここに至って、桑名七盤勝負を継続することに注力すべく、新しく参加して下さる方をこれまで以上に増やしていきたいと考えます。
そのためにまずはハードルを下げる意味で7つではなく2盤を提案するものです。
選手それぞれが1種目ずつを選び、重複しても対局可能であるというレギュレーションにすることで、少なくとも選択した選手がルールを知っているという前提がかなりの高確率で成り立ち、
対局中に双方がどうしていいのか分からないという状況、分からないものへの不安が生まれにくくなるものと考えます。
対局後はそれぞれ振り返りや教示ができるであろうシチュエーションを考慮したときに、双方が選択していない3番目の競技が組み込まれる三盤勝負でさえもこれらの要件を満たさないため、
同時対局の最少盤数である二盤勝負で、かつスイス方式による大会を2日目に計画いたしました。(1日目は桑名七盤勝負による大会を行いますが、こちらもスイス方式を取り入れる予定です。)
これまで桑名七盤勝負を遊んくださった方にも楽しめるよう、ポイント制を敷いて参加者それぞれが目標をもてるよう設計しております。
勝敗以外の部分、例えば全7回戦で自身の選択種目が多ければ多いほど(最大7種目)加算されるポイント、手番を自身が選ぶのではなく対戦相手に委ねることで加算されるポイントなど。
回戦終了ごとに全選手のポイントを公開しますので、上位を目指して作戦を練ることが可能です。いわゆる七盤選手は同じ勝敗数であってもポイントを積み重ねていただけるのではないかと考えます。
一方で大会初参加な方や不慣れな競技が多い方はそこまでポイントを気にせず、1種目に絞って競技選択をしていただくことが可能です。
ご自身の得意、またはよく知る競技を選択しつつ、ルールブックを片手に対戦相手が選択した競技に挑戦していただく。もちろん初挑戦でルールもあやふやであればすぐに負けてしまうかもしれません。
ですが対局後にその競技を選択した対戦相手からアドバイスを受けることで興味を広げていただければ幸いです。逆もまた然りかと思います。
できるだけ多くの対局をチャレンジしていただければと考えますし、そうは言ってもまずは参加することを目標として4回戦以降1戦からでも途中参加いただくことが可能です。
以上が今回二盤勝負を大会にする理由となります。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

【桑名七盤勝負世界ランキングの変更について】
2023年まで桑名七盤勝負世界ランキングを行って参りました。これまでご参加いただいたみなさまに感謝を申し上げます。
桑名七盤勝負世界ランキングは誰でもが参加できる気軽さを第一に、足跡を残していただくことを目的に設置いたしました。
ただ対局をするより、ご自身のみならず第三者からも観測可能なギミックを用意することでモチベーションの向上を見込んだものです。
対戦すればするほどポイントが加算される方式にした理由も、負けたらランキングが下がるものだと格上相手と対戦しにくいのではないかという思いからそのように設計いたしました。
あるいはランキング上位者と対戦するとボーナスポイントが入ることも、対戦意欲を阻害しないように組み込んだ基本方針の現れです。
初めての方でも気軽に参加ができて、慣れた方は一つの指針として又は話題の一つとして存在するもの、それが桑名七盤勝負世界ランキングと定義していました。
しかしコロナ禍にあって桑名七盤勝負の活動を縮小せざるを得なくなり、それに伴い対戦数も激減します。
桑名囲碁将棋サロン庵で行われる対戦がランキングに与えること自体は当然なのですが、それが全体の大部分どころかすべてを占める事態になることで誰でも参加できるという部分に疑義を感じるようになりました。
そのような状況において世界ランキングをそのままの形で継続することは、モチベーションの向上ではなく低下を招きかねないのではないかと考えました。
そこで2023年のランキングをもって従来の加算式ランキングを一旦停止し、代わりに世界大会の順位をランキングとして発表しました。
「世界」ランキングであれば「世界」大会の順位をそのソースとして利用することはそこまで不自然なことではないという理屈の上に決定したのですが、一方で誰もが参加できる世界ランキングがなくなる寂しさも心のどこかに残ったまま、
2024年4月末に東京、下北沢駅前で行われたシモキタ名人戦において、新規参加者の声やこれまで関わっていただくみなさまの意見をうかがい、それを楽しみにしている声を聞いたことでもう一度加算式の世界ランキングを再開させたいと思うようになりました。
具体的には現在公開している世界ランキングをベースに7月7日から加算式ランキングを再開させようと考えます。公平性の観点から7月6日以前の公式戦については原則加算対象とはいたしませんが、一部新規参加の方に関しましては加算点数を絞りランキングに反映させていただく予定です。
私の思いつきであり、わがままという誹りは免れることはありませんが、何卒ご理解の上お楽しみいただけることを願ってやみません。
どうぞよろしくお願いいたします。

選手カード作成につきまして(メイントーナメントエントリー選手)

【写真掲載について】
ご自身の写真やアイコン(他者の著作権を侵害しないもの)を選手カードに配置いたします
下記のアドレスまで画像の送付をお願いします
oshamaiori@kuwanaiori.info

TwitterのDMでも結構です
@oshama7

なお過去に選手カードを作られた方は、運営保管の写真から掲載することが可能ですのでそのようにお伝えくださいませ

桑名七盤勝負(いおり)公式スポンサー 2024のご紹介(複数口スポンサー様)※バナーの敬称略

桑名七盤勝負(いおり)公式スポンサー2024のご紹介(一口スポンサー様)※バナーの敬称略

賞品スポンサー様のご紹介 (すべて敬称略)

桑名七盤勝負とは?

動画でわかる桑名七盤勝負


(外部リンク)

無料DL可能なルールブック

(画像クリックでルールブックDLページへ移動します)

桑名七盤勝負の対局規定はこちら

桑名七盤勝負世界大会

桑名七盤勝負公式スポンサー

桑名囲碁将棋サロン庵の音楽ページ

占いの館はこちら

イベント情報はこちら

庵Twitter

ななばんオセロ部

いちごのなないろJAM

姉妹店

庵Facebook

桑名バックギャモン倶楽部

店舗用ライン

友だち追加

かものはしちゃんクラブ

PAGETOP
Copyright © 合同会社OSHAMA All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.